作業効率大幅アップする仮想デスクトップとは

仮想デスクトップはOSによっては標準搭載される機能として注目されており、サードパーティ製のツールも多数あります。ただし、使い勝手があまり良くないという誤解をしている方も多いことから気になってはいるが使っていないという方が多いようです。仮想デスクトップは使うことで大幅に作業効率が上がる方が多いツールです。従来の多数のアプリケーションを利用する効率的な方法はディスプレイをたくさん使うという方法でした。一度に複数のデータを見なくてはならないような方を除けば複数のディスプレイがなくても作業効率を仮想デスクトップで上げられます。仮想デスクトップは1つのディスプレイで複数のアプリを同時に立ち上げているような方にとってとても有効であり、作業に集中できる方法として注目されています。

1つのディスプレイで作業効率を上げる方法

1つのディスプレイで複数のアプリを立ち上げると問題となるのがウインドーの重なりとアプリの切り替えです。Windowsの場合はAlTキーを利用すればアプリの切り替えは比較的カンタンですが、ウインドーによっては切り替えても表に出てこないタイプもあり、アプリの切り替えの度にウインドーを表示させている方も少なくありません。そこで仮想デスクトップが便利に使えます。仮想デスクトップではディスプレイそのものをアプリケーションごとに設定できます。アプリケーションの切り替えは仮想デスクトップの切り替えとなり、ウインドー情報などが設定され、すぐに作業に集中できるのが利点です。また、全画面、ウインドウモードが混在しているような方にも使えますので複数のディスプレイを用意したかのように作業環境を作り変えられます。

作業効率の改善のための仮想デスクトップ

作業効率で重要なことは集中できる環境です。複数のアプリケーションを利用する方の多くはウインドーが重なりあっています。見栄えも良くありませんし、作業効率が悪化します。また、コンソールあプリなど複数のウインドーを見ながら作業をするケースの場合はさらにウインドーの配置が問題となります。仮想デスクトップはアプリごとに設定することもできますし、作業スペースとして複数のアプリのウインドーを整理して1つのディスプレイに表示させることも可能です。さらにPCの再起動後も作業環境は保存されるので起動後にすぐに作業に取り掛かれるのもメリットの一つです。複数のアプリを立ち上げるとメモリが心配になりますが、仮想デスクトップを切り替えるとバッググラウンド稼働扱いになるので特別気にする必要はありません。

フラッシュヒット率 99% を実現し、I/O 負荷の高いアプリケーションであっても必要なリソースをしっかり担保。 VMwareを始め、Microsoft Hyper-V、RHEV、Citrix、OpenStackなどを混在して稼働できます。 Tintri VMstore T5060の参考価格5,000万円。 SNIA Japanの賛助会員です。仮想デスクトップに関してのサービスはティントリへ